Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 181 to 200 of 298)
(showing articles 181 to 200 of 298)

older | 1 | .... | 8 | 9 | (Page 10) | 11 | 12 | .... | 15 | newer

    0 0

     ゴブリン——。それはファンタジーを題材にした小説や映画などに出てくる邪悪さを持った精霊で、悪い意味でのモンスターのような存在として描かれることが多い。見た目は醜い小人となっているものが主流で、いたずら好き、おふざけ好き … 続きを読む

    0 0

     その容姿から世界中でかわいがられる動物園の人気者の鳥ペンギン。白と黒を基調にした色合いに、ポイントで入る黄色が特徴的で、足が短く、ずんぐりむっくりした体形のため、イラストなどでキャラクター化されることも多い。 ペンギン … 続きを読む

    0 0

    「サラワ」はエジプトの首都カイロに出現すると言われている、ジャッカルとアリクイのような容姿をした未確認生物である。その名前は「墓荒らし」を意味し、人々に恐れられている存在のようだ。 カイロといえばアフリカ、アラブ世界の中 … 続きを読む

    0 0

    「デビルモンキー」はその名の通り、サルのような容姿をした未確認生物で、全身が長い体毛に覆われたヒヒのような体だと言われている。 ヒヒというのは和名で、主にアフリカに生息するヒヒ属の動物である。ヒヒというのはそもそも「狒々 … 続きを読む

    0 0

     ケニアにいると言われている恐竜型の未確認生物が、今回紹介する「ムフル」だ。 ケニアはアフリカ大陸のインド洋に面した側、いわゆる東アフリカに位置する国で、日本ではケニア共和国というのが正式名称になっている。 このケニアに … 続きを読む

    0 0

     カナダの西海岸側、太平洋に面したブリティッシュコロンビア州に生息すると言われる“大きなトカゲのような、ワニのような、オオサンショウウオのような”未確認生物を紹介しよう。「シールキー」と呼ばれる未確認生物だ。 先に挙げた … 続きを読む

    0 0

     ミシシッピ川は米国を流れる河川としては最長のもので、ミネソタ州を源流として米国をほぼ縦断してメキシコ湾へと流れる。国内の重要な水路であり、米国の発展に貢献した、国を象徴する川である。 ミシシッピ川は全長3779キロメー … 続きを読む

    0 0

     未確認生物には様々な発見経路がある。都市伝説のように生まれたものもあれば、妖怪のような伝承上の生物の中に実在をにおわせるようなもの、そして教訓から生まれたようなものもある。 もちろん、新種の生物や実在の生物の誤認だって … 続きを読む

    0 0

     今年は酉年ということで、まず最初は鳥に関するUMAというか、モンスターについて紹介したい。「ロック鳥」はドラゴンやフェニックス、ペガサスほど有名ではないが、ファンタジーを題材にしたゲームなどには顔を出すので、ご存じの方 … 続きを読む

    0 0

     米国の先住民族であるネーティブアメリカン——。独自の伝承や神話を持ち、自然や動物たちと調和した、霊的存在が肉体や物質を支配しているという考えの精霊崇拝が色濃く残った民族でもある。キリスト教とは違った精霊や動物の伝説が残 … 続きを読む

    0 0

    「モア」は史上最も背の高い鳥として知られており、そのなかでも巨大な「ジャイアントモア」はダチョウよりもはるかに大きく、約3〜4メートルの身長があったとされる。 モアはダチョウ目モア科に属し、今では絶滅してしまった。しかし … 続きを読む

    0 0

    「始祖鳥」といえば、言わずと知れた“鳥類の元祖”であり、ダーウィンの進化論においても重要な役割を持つ、科学的にとても意義のある存在である。 「生物が環境への適応や生存競争を経て進化してきている」という説を支えるような鳥類 … 続きを読む

    0 0

     2月の主なイベントといえば「節分」と「バレンタイン」だろう。本稿ではバレンタインではなく、節分に関する未確認生物の紹介をする。そのものズバリ、「鬼」である。節分に欠かせないものを2つ挙げるとしたら、ほとんど誰もが「豆」 … 続きを読む

    0 0

    「ブギーマン」…それはヨーロッパにおける「なまはげ」のような怪人で、民間伝承中の都市伝説として語り継がれている存在である。ホラーを題材とした映画やゲーム、プロレスラーにまで使われるほどメジャーな存在である。 ブギーマンの … 続きを読む

    0 0

     ゲームなどファンタジーを題材にした現代の創作物にも出てくる幻獣「カトブレパス」。敵のモンスターとして描かれることが多いが、その理由は「邪視」の能力にある。その1つ目でにらまれると石化、もしくは死に至らしめる能力があるの … 続きを読む

    0 0

     現在もアニメなどで人間と他の動物を融合させたキャラクターは多く描かれ、それらに萌える人たちを「ケモナー」などと呼んでいる。 単純にデザインがかわいい、かっこいいというだけの話ではなく、その動物の能力を持つことで個性が発 … 続きを読む

    0 0

     日本古来のおとぎ話に「ワニ」が出てくるといえば、誰もが「因幡の白兎」を思い浮かべるだろう。海を渡ろうと考えた白兎がワニをあざむいて並べ、その背中の上を渡ろうとしたが、逆にそのワニたちに皮を剥ぎ取られてしまう。皮を剥ぎ取 … 続きを読む

    0 0

     江戸時代の天保12(1841)年に刊行された「絵本百物語」という奇談集がある。著者は桃山人で、挿絵は竹原春泉斎による書物である。 この中には多数の妖怪が色鮮やかな絵で描かれ、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」と並んで、日本の妖 … 続きを読む

    0 0

     夜の鳥で「鵺」——この漢字を当てられた妖怪の名前を読めるだろうか。答えは「ぬえ」。こう聞くとご存じの方も多いだろう。「からかさ小僧」や「一つ目小僧」と比べると、そこまでメジャーではないが、獣のようなイメージの妖怪を思い … 続きを読む

    0 0

     世界各地で存在が噂される猿人型UMA。「イエティ」「ビッグフット」「雪男」「モンキー・マン」「オラン・ペンデク」「モノス」「ヨーウィ」「アルマス」…あなたは“どれがどこの国のUMAか”当てることができるだろうか。 その … 続きを読む

older | 1 | .... | 8 | 9 | (Page 10) | 11 | 12 | .... | 15 | newer