Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 241 to 260 of 298)
(showing articles 241 to 260 of 298)

older | 1 | .... | 11 | 12 | (Page 13) | 14 | 15 | newer

    0 0

     近年目撃例の多い未確認生物に「人間に似ているが体に全く毛が生えておらず、細い体にランランと光る目をしている」という特徴を持つ一風変わったUMAが存在している。「モルガン・ビースト」や「ニューメキシコのスキンウォーカー」 … 続きを読む

    0 0

     日本の妖怪の中には、いつどこに出現したのか、大きさはどれくらいだったか、などの詳細な記録が残っているものが存在している。  天明2(1782)年7月22日、会津磐梯山の山中で奇妙な生物が仕留められた。  体長約4尺8寸 … 続きを読む

    0 0

     前回、未確認生物とでもいうべき奇妙な姿をし、なおかつ、その姿や大きさなどの記録が克明に記録された「会津の怪獣」について紹介した。  この怪獣のように現実にいるとは到底思えない姿にも関わらず、克明な記録が残されている生物 … 続きを読む

    0 0

     11月中旬ごろから、東京都内の隅田川で奇妙な生物が目撃され、動画にも収められて話題になっている。魚よりは大きくウロコのない滑らかな肌をもち、イルカのように上下に跳ねるような泳ぎ方を見せている。しかし、背中にはイルカにあ … 続きを読む

    0 0

    「シーサーペント」や南極のゴジラ「ニンゲン」など、海には巨大な未確認生物がすんでいるのではないかと昔から言われている。グーグル・アースにはニンゲンではないかとされる謎の生物の姿が写っているという話もあるし、中には南アフリ … 続きを読む

    0 0

     中国の伝説に、空をおおうほどの比類なき大きさを誇る巨大な鳥が登場する。その名を「鵬」、ないしは「大鵬」というもので「西遊記」や「封神演義」などでも描写されている。なお、西遊記では一飛びで9万里を飛ぶほどの飛行能力を有し … 続きを読む

    0 0

     俳優として活躍する的場浩司は霊感が強いのか、一風変わった霊体験が多いことで有名だ。日本テレビ系「ダウンタウンDX」で告白し、後に東スポの紙面を飾るに至った「ゴム男」はその代表格だろう。  的場が目撃したものの中には「プ … 続きを読む

    0 0

     いよいよ今週の土曜日、12月23日にテレビ朝日系列で「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」が放送される。年末恒例のオカルト特番を楽しみにしている方もいるのではないだろうか。  今回の「超常現象(秘)Xファイル」のU … 続きを読む

    0 0

     2017年12月23日、年末恒例のオカルト特番「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」がオンエアされた。番組では最新のUMA動画やUFO動画も流され、中には山口敏太郎が監修を行っているウェブニュースサイト「アトラス」 … 続きを読む

    0 0

    「鶴は千年、亀は万年」は長寿を祝う昔ながらの定型句である。そこから鶴や亀は縁起の良い生き物だと考えられてきた。  では〝目の当たりにすると幸運になる〟という生物は存在するのだろうか。その答えとなりうるものが「豊年魚」だ。 … 続きを読む

    0 0

     我々、日本人に最も身近な怪物といえば「龍」ではないだろうか。  これは筆者が過去に撮影した龍雲の写真だが、雲の形や気象現象に龍をなぞらえ「龍神」として崇拝してきた。あくまでこれは民族学的な解釈であり、観念的なものであっ … 続きを読む

    0 0

    「ニューネッシー」…この名前を記憶されている読者も多いことであろう。1977年、日本のトロール漁船、瑞洋丸がニュージーランド沖で海底から謎の生物の死体を網で引き上げた。誰も見たことのない姿をしていたため、クレーンでつり上 … 続きを読む

    0 0

     様々な未確認生物を紹介してきたこのUMA図鑑だが、今回は少し変わった怪人型UMAを紹介したい。海外で近年目撃証言が多発している「BEK」、Black Eyed Kids(ブラック・アイド・キッズ)こと「黒い目の子供たち … 続きを読む

    0 0

     米国内はもちろん、世界中でも有名な都市伝説の町、ウェストバージニア州ポイント・プレザント。ここは不吉なことが起きる前に姿を現すという伝説の未確認生物「モスマン」が目撃されていることで有名だ。  しかし、ポイント・プレザ … 続きを読む

    0 0

     筆者・山口敏太郎は現在千葉県銚子市で、この地で起きたUFO事件や妖怪伝説をもとにしたさまざまなイベントなど地域おこしに協力している。実際にイベントで撮影されたUFOに関しては、東スポ本紙でも掲載されているので見たことが … 続きを読む

    0 0

     UMAといえば、恐ろしげな見た目に反して実は臆病であることが多い。「ビッグフット」も人間よりはるかに大きく、凶暴そうな見た目であるが、人間と鉢合わせになった時は大半がその場から逃げ出してしまっているのだ。だが一方で、人 … 続きを読む

    0 0

     昔から“地球内部は空洞である”“地底には地底人たちが理想郷を作っている”という説がある。大部分が昔話や民話であったり、妄想や創作の類いであったりするのだが、中には事実として語られている話も存在している。  有名なエピソ … 続きを読む

    0 0

     すでに絶滅してしまったはずの生物が今もひそかにどこかで生き残っているのではないか、とする話はたびたび聞かれる。たとえば、マンモスやタスマニアタイガーは今でも目撃したという証言や映像まで撮影されており、一種の未確認生物と … 続きを読む

    0 0

     南極海や北極海という極寒の場所にも、未確認生物は生息している。  有名なものが巨大な人型の海洋生物「ニンゲン」ないしは「ヒトガタ」と呼ばれているものだ。このUMAは21世紀に流布された「都市伝説系UMA」と呼ぶべき存在 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の中には、過去に絶滅したとされている生物が生き残っていた!というものも含まれている。本連載でも取り上げたシベリアのマンモスなどがそうだ。これらの絶滅生物は曲がりなりにも一度は地球上に生息していたこと、また絶滅 … 続きを読む

older | 1 | .... | 11 | 12 | (Page 13) | 14 | 15 | newer