Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 21 to 40 of 298)
(showing articles 21 to 40 of 298)

older | 1 | (Page 2) | 3 | 4 | .... | 15 | newer

    0 0

     この怪物はUMAというよりも、怪人という表現が最も適している。姿形は人間に近いのだが、跳躍能力や炎を噴霧する能力が人とは思えないのだ。「スプリングヒールジャック」——かなり攻撃性の強い怪人である。 何だか、名前が新春の … 続きを読む

    0 0

     かつてUMAの代表例といえば、ネス湖の「ネッシー」であった。別名「ロッホネス・モンスター」とも呼ばれており、世界中のUMA好きから愛されている存在である。 その最古の出現記録は690年にアダムナンによって書かれたとされ … 続きを読む

    0 0

      11月現在、我が社は女流怪談師牛抱せん夏の怪談ライブや山口敏太郎の妖怪ツアーといった各種イベントを岐阜の長良川温泉泊覧会、通称長良川おんぱくにて行っている。岐阜で妖怪?と疑問に思う方もいるかもしれないが、岐阜は昔から … 続きを読む

    0 0

     1992年6月26日、岩手県山形村の茅森さんは畑で見慣れない足跡を発見した。それは、どう見ても近くに生息する野生動物のものとは異なる奇怪な形をしていた。 大きさは長さ22センチ、幅15センチ程度。指は4本、土踏まずの部 … 続きを読む

    0 0

      日本がかつて大陸と陸続きだったころ、日本列島にも多くの山猫がいた。現在は沖縄の西表島に生息するイリオモテヤマネコ、対馬に生息するツシマヤマネコしか残っていないが、本州にも山猫が生き残っている可能性は高い。「山のふしぎ … 続きを読む

    0 0

      UMAが最近、静かなブームになりつつあるが、中には変わり種も存在する。なんと男性ばかりを襲い、巨大なチン○ンで犯してしまう“ゲイUMA”がアフリカに出現しているという。 その名も「ババボワ」、いかに生殖器のようないや … 続きを読む

    0 0

     最も近代的な都市といわれるシンガポールに類人猿UMAが存在するといったら驚くだろうか。その名は「ブキティマモンキーマン(Bukit Timah Monkey Man)」。略してBTMMもしくはBTMとも呼ばれる猿人であ … 続きを読む

    0 0

      今年11月8日、体長1メートル、体重80キロの巨大イノシシが岡山県の市街地に現れ、警官70人が出動、捕獲されたというニュースが報じられた。 近代化が進み、行き場を失ったイノシシがエサを求めて、市街地に現れるケースは数 … 続きを読む

    0 0

     12月10日、ハリウッドで再リメークされる映画「GODZILLA」(日本公開2014年7月25日)の予告映像が公開された。併せてポスター・ビジュアルも解禁。予告映像にはゴジラの霧に包まれたシルエットと雄たけびも公開され … 続きを読む

    0 0

      ツチノコ、イッシー、ヒバゴン…いずれも日本に潜む“謎の生物”としてかつてメディアに取り上げられ、人々の話題をさらった未確認生物たちである。現在は彼らのことが話題に上がらなくなって久しいが、それでは彼らのような未確認生 … 続きを読む

    0 0

      この怪物の名前は「トヨール」と呼ばれており、東南アジアのインドネシア、マレーシア、タイ、シンガポールなどに出没すると言われている。小型のヒトガタの怪物で、家屋に侵入したり、他人の物を盗んだり、数々の悪さをする邪悪な小 … 続きを読む

    0 0

    「フラットウッズ・モンスター」は、日本では「3メートルの宇宙人」という異名でも知られている。ちなみに、米国では「10フィートモンスター」と呼ばれている。昭和のオカルト子供本には必ず掲載されており、かくいう筆者もトラウマに … 続きを読む

    0 0

     水棲UMA「ナウエリート」は、南米のアルゼンチンでは知名度が高く最も有名なUMAの一種であり、別名「パタゴニアのプレシオザウルス」と呼ばれている。 アルゼンチン南部のパタゴニア・バリローチェ地域は巨人伝説の残る風光明媚 … 続きを読む

    0 0

       今回紹介するUMAは変わり種。長きにわたって目撃されており、時には捕獲され、食べられたという報告すらある、非常に生息の可能性が高いものを紹介する。 その名は「タキタロウ」。山形県鶴岡市(旧朝日村)の大鳥池 … 続きを読む

    0 0

     UMA(未確認生物)の代表格といえば、英国最大の淡水湖であるスコットランド北部のネス湖に出現するネッシーを思い浮かべる方も多いだろう。日本でもネッシーに酷似したUMAとして鹿児島・池田湖のイッシーや北海道・屈斜路湖のク … 続きを読む

    0 0

     北海道南部の秀峰駒ヶ岳を望む大沼には奇妙な動物が現れたという記録が残っている。 万延元年(1860年)、蝦夷地で医学院及び薬園を運営していた幕臣の栗本鋤雲(じょうん)氏が江戸の医師に宛てた書簡にあったもので、そこには駒 … 続きを読む

    0 0

     以前、当コーナーで巨大魚のUMA「タキタロウ」を紹介させてもらった。自然の豊かな場所の大きな湖で、巨大魚が静かに生息している…というのも雰囲気があるが、実は都内を流れる江戸川にも2メートルものサイズの巨大魚が生息してい … 続きを読む

    0 0

     1973年5月、徳島県の剣山近くに住むNさんたち3人は草刈り作業中、非常に巨大なヘビと遭遇した。作業中にふと気づくと、草むらの中から鎌首をもたげた大蛇が姿を現したのだという。その大蛇は口だけでも2・5メートルはあったと … 続きを読む

    0 0

      日本全国で目撃され、地方によって呼び名の変わる未確認生物「ツチノコ」。今回紹介する「トックリヘビ」もその数ある異名の一つなのだが、ここでは徳島県の勝浦町で発見されたツチノコの亜種(?)と思しきヘビの呼称として便宜的に … 続きを読む

    0 0

      比較的新しいUMAである遺伝子操作の怪物「モントーク・モンスター」。この名前は、米国の未確認動物学者ローレン・コールマン氏が名づけたものである。 事件の発端は2008年7月、ニューヨーク州南部・モントーク岬の海岸から … 続きを読む

older | 1 | (Page 2) | 3 | 4 | .... | 15 | newer