Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 141 to 160 of 298)
(showing articles 141 to 160 of 298)

older | 1 | .... | 6 | 7 | (Page 8) | 9 | 10 | .... | 15 | newer

    0 0

    ■関連動画■World’s Biggest Animal Hoaxes – Hogzilla Monster Hunting  2004年6月に米国・ジョージア州で射殺されたイノブタの画像は、イン … 続きを読む

    0 0

     1808年9月25日、スコットランドのオークニー諸島のひとつ、ストロンゼー島に奇妙な死体が漂着した。それはどこかで見たような生物が組み合わさりながらも、どこにも存在しないような姿をしていた。 その生物の体長は17メート … 続きを読む

    0 0

     広大で自然豊かなアフリカの大地には、たくさんの類人猿が今もなお実在していると言われている。さまざまな種類のUMAがいまだに目撃されている。なかでも、類人猿型のものは多いのだそうだ。 環境の変化に合わせて異種配合し、新た … 続きを読む

    0 0

     英国のイングランド北西部にある細長い氷河湖であるウィンダミア湖は、UMAの目撃がたびたび起こる“UMAの宝庫”だ。 このイングランド最大の湖は全長10メートルを超えるネッシーに似た生き物「ボウネッシー」(付近の町ボウネ … 続きを読む

    0 0

     2014年に製作された「ナイトクローラー」という米国の映画をご存じだろうか? 事件や事故の現場専門のパパラッチがテーマとなっている犯罪スリラー映画で、どんどん過激な映像を求める主人公の狂気、そんなパパラッチを生んでしま … 続きを読む

    0 0

     鹿児島市から南へ約370キロメートルのところにある奄美大島を中心とした奄美群島に伝わる妖怪が「ケンムン」だ。このケンムン、奄美のカッパとも言うべき存在である。 奄美大島は非常に広いマングローブ(熱帯・亜熱帯の海水に浸る … 続きを読む

    0 0

     オーストラリアといえば獰猛(どうもう)な生物はいないイメージがあるが、近年噂されているのが「ドロップベア」というクマに似た生物の存在だ(コアラに似ているとの説もある)。 このUMAは120キロ前後の体重で、体長は1メー … 続きを読む

    0 0

     インドネシア・スマトラ島で目撃された獣人型UMAの一種が、この「オラン・ペンデク」だ。獣人型UMAというと、ビッグフットや雪男のような大柄なものが一般的だが、このオラン・ペンデクは人間よりはるかに小柄で、体長80センチ … 続きを読む

    0 0

     ソロモン諸島はイギリス連邦に所属する島国で、パプアニューギニアの東に位置するが、近隣の国とは隔絶されている。そのソロモン諸島最大の島がガダルカナル島である。 実はこの地には古くから巨人がいると友人のサイエンスライター、 … 続きを読む

    0 0

    “日本のビッグフット”とも称される未確認生物をご存じだろうか。「異獣」と言われるバケモノで、新潟県の山中にすんでいたという記述が江戸時代の書物に残されている。 その書物は「北越雪譜」といい、江戸時代後期の雪国の生活をさま … 続きを読む

    0 0

    「ヨーウィ」とは、オーストラリアに生息するといわれている獣人型UMA。もともとはアボリジニの間に伝わってきた伝説上の生物だった。今では広大な土地にすむ“猿人型の架空の生物”の一般的な総称だったという説もある。 アボリジニ … 続きを読む

    0 0

     日本には古来「鬼」という存在、概念がある。頭部に角が生え、口からは牙が伸び、全身は赤や青や緑の色に染まり、金棒を持った体格のガッチリとした人型の怪物である。生物としてどのようなものなのか定義はさまざまだが、強く、恐ろし … 続きを読む

    0 0

     米国中西部の最北に位置し、酪農で有名なのがウィスコンシン州だ。一人あたりのミルク生産量が全米で1位であり、乳牛の牧畜が盛んな地である。 そんな同州には、ウシ型の怪物の都市伝説が広く知られている。 その怪物の名前は「ホダ … 続きを読む

    0 0

     現在も「妖怪三国志」など、多岐にわたってメディア展開し、新たな妖怪ブームを作り出した「妖怪ウォッチ」シリーズ。かつてのような盛り上がりは感じないかもしれないが、それはむしろ国民の中に浸透し始めているからかもしれない。  … 続きを読む

    0 0

     フランスで最も有名なUMAのひとつと言うと、皆さんは何が思い浮かぶだろうか。今でも犬型のUMAの噂が流れると、「こいつが復活したのではないか」と人びとを恐れさせている動物がいる。それが「ジェヴォーダンの獣」だ。 ジェヴ … 続きを読む

    0 0

     UMA…日本ではユーマなどと呼ぶが、これはアンアイデンティファイド・ミステリアス・アニマルの略で、お分かりだとは思うが「未確認生物」を意味する言葉である。もちろんUFO(アンアイデンティファイド・フライング・オブジェク … 続きを読む

    0 0

     この写真は1954年に「バンパイアビースト」の撮影に成功したと言われているものである。 当時のタブロイド紙によるとバンパイアビーストとは、同年1月に米国南東部に位置するノースカロライナ州の小さな町ブラデンボロに出現した … 続きを読む

    0 0

     南米には古代文明が栄えた遺跡があるためか、神秘的なイメージが非常に強い。古代文明によるオーパーツ(時代錯誤な遺物、当時の技術にそぐわない出土品)であったり、UFOの目撃情報も多く、異星人の噂もささやかれ、現代UMAの代 … 続きを読む

    0 0

     我が国日本でも古くから未確認生物と呼んでいい存在の記述は残されている。妖怪と未確認生物の違いはさまざまにあり、今までにも散々語ってきたが、「これは創作の可能性がほぼなく、単純に見かけた〝当時では解明できなかった生物〟な … 続きを読む

    0 0

     ゲームなどのモンスターとして登場し、日本でも少しずつその存在が浸透しつつあるUMA「マンティコア」。東南アジアから中東、ヨーロッパでは非常に知名度が高い存在である。 その外見は非常に分かりやすく、人間の顔にライオンの体 … 続きを読む

older | 1 | .... | 6 | 7 | (Page 8) | 9 | 10 | .... | 15 | newer