Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


    0 0

     現代でも未知の領域が多い場所の一つに、南極が挙げられる。年間を通して気温が極めて低い厳しい凍土の環境と、大地を覆う厚い氷は人々を遠ざける。それでも少しずつ科学調査は進んでおり、さまざまな発見が報告されて注目を集めること … 続きを読む

    0 0

     米国・コロラド州で男性カメラマンが奇妙な物体の撮影に成功した。  彼が自宅の庭で夜間撮影を試みたところ、街灯の光を受けてオレンジ色と緑色に光る謎の半透明の生物が浮かんでいる様子を撮影してしまったのである。体には模様なの … 続きを読む

    0 0

     雄大な翼を持ち、神々しい外見をした聖なる鳥の伝説は世界各地に残っている。有名なところでは、さまざまなファンタジー系の創作の世界にも登場する「フェニックス」などだろう。  フェニックスは赤や金などさまざまな色に光る羽を持 … 続きを読む

    0 0

     創作の世界に出てくる怪獣の中には、ツノやギザギザした背ビレやトゲを生やしていて、見た目からして恐ろしげなものや、迫力のあるものが多い。それは、例えば伝説に登場する竜やドラゴン、または絶滅してしまった恐竜を造形の参考とし … 続きを読む

    0 0

     現在、未確認生物とされている生物の中には、過去に新聞などで報道され、実在が信じられていたものが多い。たとえばこちら(画像)の新聞では、イメージ図とともに奇妙な生物に関する報道がなされている。  米国の新聞が1949年1 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の中には、伝説上の生物のように思われていたものや、幻獣のような特徴を持つものも少なくない。以前紹介した「ストーシー」なども現地で「封印された妖怪」として長く語り継がれていたものだった。そんな幻獣のような生物が … 続きを読む

    0 0

     まずは画像を見てほしい。古い絵ハガキのようだが、そこには非常に巨大な魚を引き上げようとしている人間が捉えられている。添えられた文章によると、米国・ニューヨーク州のコネサス湖での漁の様子を写したもののようだ。だが、魚のサ … 続きを読む

    0 0

     動物の生息域には地域差があり、我々の住んでいる地域ではごくありふれた生き物が、別の地域では非常に珍しいものだったという事例は少なくない。  たとえば、日本にいるタヌキは世界的に見ると珍しい生物に当たるし、ニホンザルはサ … 続きを読む

    0 0

     毎週、さまざまなUMAを紹介しているこの連載。今回はまずはこちらの動画を見てほしい。  これは2014年7月26日にロシアのニジニ・ノヴゴロド—イジェフスク間を走る列車から撮影されたものだ。列車の最後尾から撮影されたと … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の代表格といえば、スコットランドのネス湖に生息するといわれている「ネッシー」だろう。首長竜に似たシルエットから古生物の生き残りではないかと考えられており、世界各地の湖で同様の生物が確認されると、ネッシーにあや … 続きを読む