Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


    0 0

     毎回、世界のさまざまな未確認生物を紹介していくこの連載だが、今回は近年確認されたばかりの最新UMAについて報告したい。まだ名前さえついておらず、海の未確認生物だから便宜的に「シー・モンスター」としておく。  2015年 … 続きを読む

    0 0

     2016年2月、米国・ユタ州ガーデンシティにある湖の岸辺に巨大生物の死骸が漂着した。非常に長い体の生物の腐乱状態の死骸で、いわゆる海に漂着する「グロブスター」と似たようなものであった。しかし、こちらの生物の死骸には、あ … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の代表格といえば、ネス湖の「ネッシー」だろう。ネッシー実在の可能性について考えていくと、どうやって隠れているのか、また限られた湖水でどうやってエサを獲得しているのかに加え、どうやって繁殖して個体数を維持してい … 続きを読む

    0 0

     百獣の王・ライオンといえば立派なタテガミを持つ姿を想像しがちだが、実はその毛皮がまだら模様になっている種類が存在するという話がある。  そんな「まだらのライオン」は通称「マロジー」といい、アフリカの原住民の間で話題にな … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の代表格といえば、やはり英国・スコットランドのネス湖にすむと言われている「ネッシー」だろう。長い首をした湖にすむ生物という姿は未確認生物の代名詞にもなり、湖で謎の生物が出た際にはネッシーを踏まえた名前が付けら … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の中には、現地で長らく妖怪として考えられていたものや、妖怪と同じ名称のものも多い。日本では「河童」などが該当するだろう。  アフリカのガーナやトーゴに伝わる吸血鬼に「アサボンサム」や「ササボンサム」という名前 … 続きを読む

    0 0

     この連載では多くの未確認生物を紹介しているが、未確認生物の中には「死骸」が確認されているものが少なからず存在している。  カナダの「キャディ」や南米の「トランコ」、米国の「モントーク・モンスター」などがそうだ。キャディ … 続きを読む

    0 0

     南米パラグアイには妖怪のような奇妙な未確認生物が生息していると言われている。その名は「ポンベロ」。全身が毛むくじゃらで、身長は1メートルほどと小柄。森の中に潜んでおり、夜の森に入り込んだ女性の後を追って襲うとされている … 続きを読む

    0 0

     日本などアジア諸国でドラゴンといえば、2本のツノに長い蛇体の竜が伝統的な姿として広く知られているところだ。だが、未確認生物としては欧州のドラゴンよりは目撃例が少ないものでもある。もっとも、ドラゴンの事例もCG動画を本物 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物というと「ネッシー」のような恐竜や古代生物の生き残りのような見た目のものや「ビッグフット」のような獣人を思い浮かべる人が多いかもしれない。  しかし、中には非常に気持ち悪い外見や嫌いな人は卒倒ものの外見をして … 続きを読む