Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1 to 20 of 287)
(showing articles 1 to 20 of 287)

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 15 | newer

    0 0
  • 06/02/13--21:56: はじまりの言葉
  •  UMAとは、Unidentified Mysterious Animalの略称であり、和製英語である。動物研究家・實吉達郎氏の依頼で、「SFマガジン」編集長の森優(=超常現象研究家・南山宏氏)が創作した造語である。日本 … 続きを読む

    0 0

     グロブスターとは突如、海岸に漂着する巨大な肉の塊のことである。米国の太平洋沿岸から南米、ニュージーランドの沿岸、中国の沿岸などに度々流れついている。 このグロブスターという言葉は、動物学者アイヴァン・サンダーソン(Iv … 続きを読む

    0 0

     米国・ワイオミング州を中心に棲息すると言われるジャッカロープ(ツノウサギ)はウサギの身体に、カモシカあるいはシカの角を頭部に持ち、場合によってはキジの尾か、キジの後ろ足を持つと言われている。    また、未発 … 続きを読む

    0 0

      モスマン(蛾人間)は、最も有名な飛行UMAである。外見的特徴は、間隔が離れた赤い目玉に、大きな2つの翼を持ち、首がなく「キィキィ」となく。時速160キロで自動車を追跡したという。 別名「ザ・バード」とも呼ばれた。19 … 続きを読む

    0 0

     このUMAは「——ドン」という、いかにもUMAらしい、怪獣らしいネーミングがなされており、UMAファンの琴線に触れるナイスなキャラである。 この奇妙なネーミングは、伝説の松戸市長・マツモトキヨシが創設した松戸市役所「す … 続きを読む

    0 0

     UMAというべきか?米国版妖怪というべきか、ゴートマンにまつわる都市伝説は非常に興味深い。 まずゴートマンの姿が異常だ。人間の頭部にヤギのような白いカールした毛に覆われた体で、体長は2メートルほどであり、出没地帯はカリ … 続きを読む

    0 0

     モンゴリアンデスワームとは、まるでプロレスラーのような名前だが、ゴビ砂漠周辺に生息すると言われている巨大なミミズのような怪物である。主にゴビ砂漠に生息すると言われているが、インドからパキスタンに広がるタール砂漠と北アフ … 続きを読む

    0 0

     筆者・山口敏太郎の友人であり、竹書房の「本当にあったゆかいな話 芸能ズキュン」にて「こんな死に方はゴメンだ!」を連載中の漫画家の箱ミネコさんが、群馬の伊香保温泉付近の某所にて、携帯電話を使って写真撮影したものが「伊香保 … 続きを読む

    0 0

     南極海には「ニンゲン」という人間に似た巨大な水棲生物が存在するという。また、北極海にも、このニンゲンに形状が酷似しているUMA「ヒトガタ」が生息していると言われている。 このUMAは21世紀に流布された「都市伝説系UM … 続きを読む

    0 0

     コンゴ、カメルーン、ガボンなどに代表されるアフリカ中部のジャングルでは「モケーレムベンベ」という未確認生物が古来より目撃されてきた。その容姿は長い首に巨大な胴体、体毛はなく、長い尻尾、丸い形の足跡、さらに足には3つの爪 … 続きを読む

    0 0

      今も豊かな自然が残る南の楽園パプアニューギニアには太古の恐竜が生き残っているのではないかと噂されている。以前、米国のニュース番組で「Tレックスが小型化したような恐竜が暴れまわり、射殺された」という情報が流れたことがあ … 続きを読む

    0 0

     みなさんは、静岡県浜名湖のUMAハマちゃんをご存じだろうか。ハマちゃんこそ、21世紀のUMA界に現れたニューカマーなのだ。 発端は2012年3月19日の静岡新聞の報道であった。「浜名湖にて、未知の巨大生物を発見か?!」 … 続きを読む

    0 0

     2013年1月、筆者はバンコクに行った。戦国期の日本人でアユタヤ王国にて王様の側近まで出世した山田長政の足跡や、アユタヤ王国の仏教遺跡などを取材した。大変興奮した時間を過ごさせてもらったが、残念ながら宿泊した古いホテル … 続きを読む

    0 0

      UMAの正体の一つに奇形生物がいる。通常の個体とは違う形状の生物が野生で目撃された場合、それは“未知の生物”として“誤認”されることが多い。 また人間の飼育下で奇形生物が生まれた場合、見世物やメディアの出し物として使 … 続きを読む

    0 0

     モンキーマンとはインドの首都・ニューデリーに2001年4〜5月にかけて出没したUMAの一種であり、その騒動は周辺都市にも拡散した。 最も早い時期に発生した事件は、同5月13日にモンキーマンの襲撃により、市民15人が打撲 … 続きを読む

    0 0

     温暖化する日本において亜熱帯の自然が広がる西表島でヒョウに似た生物がまれに目撃されている。「ヤマピカリャー」(イリオモテオオヤマネコ=イリオモテヤマネコではなく、イリオモテ“オオ”ヤマネコである)という大型の猫科の生物 … 続きを読む

    0 0

     なぜか、まったく日本で紹介されないUMAは多い。それは何十年も同じネタを使い回し、新しい情報や事件について発掘の努力をしなかった今までのUMA界の罪である。本稿ではあまり日本で紹介されていない海外UMAを積極的に紹介し … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の日本代表といえば、このツチノコである。ツチノコは現代でもどこかに生息しているのではないかといわれている幻の蛇だ。大きさは50センチから大きくても1メートルほど。体長の割に体は太く、尾は胴に比べて細い。三角形 … 続きを読む

    0 0

     米国・ワシントン州カスケード山脈に出現した巨大な未確認生物を「バッツカッチ」と呼ぶ。この呼称は、コウモリ(バット)に似た翼を持ち、ビッグフットのような巨大で筋骨隆々の体を持っていることから、生み出された造語であり、体長 … 続きを読む

    0 0

     日本有数のUMAとして知られる鹿児島・池田湖のイッシー。目撃情報によると、体長は約20メートル。背中にコブが2つ、色は黒色、あるいは赤色ともいわれる。蛇か、またはウナギのような長い体をしており、ネス湖のネッシーにちなん … 続きを読む

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 15 | newer