Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 261 to 280 of 298)
(showing articles 261 to 280 of 298)

older | 1 | .... | 12 | 13 | (Page 14) | 15 | newer

    0 0

     未確認生物の中には、我々が知っている生物ながら微妙に姿や身体的特徴が違っているというものがある。  UMAはあくまで新種として認められていない生物も該当するので、昨年に新種として認められたオランウータンの一種なども該当 … 続きを読む

    0 0

     3月16日、米国・ジョージア州のウルフアイランド国立野生動物保護区の浜辺に謎の生物の死体が打ち上げられて話題になった。  発見者は最初、アザラシの死体と思っていたのだが、近寄ってみると、まるでネス湖のネッシーのような外 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の中には、はるか昔に生きていて今は絶滅している生物が生き残っていた、とするものが多い。ネス湖のネッシーも古代の海に生息していたプレシオサウルスではないかと昔から言われているし、カナダのオカナガン湖に生息するオ … 続きを読む

    0 0

     未確認生物といえば「ネッシー」や「ビッグフット」「チュパカブラ」など怪物的なものを想像する人がいるかもしれない。だが、未確認生物の定義はあくまで種として特定されていない、生物学的に存在が確認されていないものが該当する。 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の中には、昔から現地に伝説が残っている妖怪と習性が似ているものがある。日本の妖怪である「カッパ」も現代でも目撃例が多いため、実は今でも存在しているのではないかとされている。  海外でもメキシコの「フライング・ … 続きを読む

    0 0

     米国・ニューメキシコ州在住のある男性が「空飛ぶヘビ」と名付けた謎の生物らしきものの姿を捉えた一連の写真を公開して話題になっている。  現地で牧場を経営しているクレイ・シェフ氏は、4月17日に海外の未確認生物を中心に取り … 続きを読む

    0 0

     いまだに人の手が入っていない自然の多いアフリカには、未知の生物が多いとされている。それは普通の動物だけではなく、未確認生物も同じだ。  実際、アフリカには「モケーレ・ムベンベ」や「ナンディ・ベア」など、さまざまな未確認 … 続きを読む

    0 0

     以前、この連載でアラスカの先住民族であるイヌイットの伝説に登場する怪物「アミクック」について紹介した。ぬるぬるとした肌を持つ巨大な生き物で、足やヒレの代わりに人間の腕に酷似したものが4本生えており、海だけでなく陸上にも … 続きを読む

    0 0

     近年の未確認生物の中には、それまで自然界に存在していなかった交雑種〝ハイブリッド生物〟も含まれる。  ハイブリッド生物という言葉は、生物学の世界で使われている言葉であり、俗に言う雑種という意味だ。このハイブリッド生物は … 続きを読む

    0 0

     ケニア、ウガンダ、タンザニアの3国にまたがって存在するビクトリア湖はアフリカ最大の湖だ。面積は世界第3位、日本の琵琶湖の100倍もの表面積がある巨大なものとなっている。  ナイル川の水源の一つでもあり、多くの固有種が生 … 続きを読む

    0 0

     時折、海岸に謎の巨大生物の死体が漂着し、未確認生物のものではないかとして注目を集めることがある。そんな死体は大抵、波や潮に流されて姿を消してしまうのだが、今回紹介するものは違う。なんと一度発見され流されたはずの死体が戻 … 続きを読む

    0 0

     今年の5月末、米国で奇妙な生物が発見・射殺されて話題になっている。  モンタナ州のある農場付近で、毛むくじゃらの生物の目撃証言が相次いだ。土地所有者は地元のレンジャーに調査を依頼。レンジャーたちが周辺を警戒していたとこ … 続きを読む

    0 0

     明治9(1876)年1月29日付「東京平仮名絵入新聞」の「妖怪新聞」コーナーに、海外で起きた事件として非常に迫力のある絵(イラスト上)とともに「海の怪物」の目撃情報が紹介された。  記事によると、1875年7月8日、イ … 続きを読む

    0 0

     昔から海には巨大なウミヘビの怪物「シーサーペント」が出現すると言われていた。姿はそのものずばり巨大なウミヘビのようなものが大半で、北欧や欧州などさまざまな地域に目撃例の記録が残っており、20世紀初頭まで報告例が存在して … 続きを読む

    0 0

     未確認生物に関する情報の中には、最近の書籍であまり紹介されなくなった話があったりする。今回紹介するのは1990年代ごろまでの書籍にたびたび掲載されたもので、子供たちの心に大きな衝撃を与えたのではないかと思われるエピソー … 続きを読む

    0 0

     インドネシアのコモド島ではその昔、「ドラゴンが生息している」という噂がささやかれていた。この島には人間より大きなトカゲがいる、人を襲って食べてしまうらしい…というものだ。  当然ながら、この生物の正体は世界最大級のトカ … 続きを読む

    0 0

     先日放送のTBS「世界ふしぎ発見!」に出演したタレントのLiLiCoが「自分が興味を持っているUMA」として一風変わった名前を出した。その名も「ストーシー」。なんでも「ヘビのように長い体をしていて、ネコのような顔をして … 続きを読む

    0 0

     現代でも未知の領域が多い場所の一つに、南極が挙げられる。年間を通して気温が極めて低い厳しい凍土の環境と、大地を覆う厚い氷は人々を遠ざける。それでも少しずつ科学調査は進んでおり、さまざまな発見が報告されて注目を集めること … 続きを読む

    0 0

     米国・コロラド州で男性カメラマンが奇妙な物体の撮影に成功した。  彼が自宅の庭で夜間撮影を試みたところ、街灯の光を受けてオレンジ色と緑色に光る謎の半透明の生物が浮かんでいる様子を撮影してしまったのである。体には模様なの … 続きを読む

    0 0

     雄大な翼を持ち、神々しい外見をした聖なる鳥の伝説は世界各地に残っている。有名なところでは、さまざまなファンタジー系の創作の世界にも登場する「フェニックス」などだろう。  フェニックスは赤や金などさまざまな色に光る羽を持 … 続きを読む

older | 1 | .... | 12 | 13 | (Page 14) | 15 | newer