Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 41 to 60 of 298)
(showing articles 41 to 60 of 298)

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | .... | 15 | newer

    0 0

     先日、東京スポーツ本紙でも報道されたように最近、あの“国際的スターUMA”のネッシーが行方不明だというのだ。聖コロンバ伝の記録にも残されており、近代においては1925年に発見されて以来、石原慎太郎氏が探検するなど話題が … 続きを読む

    0 0

     ハリウッド俳優チャーリー・シーンがUMAマニアであることは、UMA界では公然の事実。2013年7月にスコットランドにネッシー探検に出かけたほどの“熱いUMAマニア”だ。 結果は散々だった。友人(トッド・ジール&ブライア … 続きを読む

    0 0

     日本ではまだまだマイナーな存在だが、米国を中心に世界で噂され、子供たちを恐怖に陥れている怪人が「スレンダーマン」だ。日本で初めて紹介したのは、かくいう筆者である。 筆者の高校時代の同級生が大阪で日本語学校の教師をしてお … 続きを読む

    0 0

     日本版ネッシーとも言うべき“湖の巨大未確認生物”で双璧をなすのが、北海道・屈斜路湖の「クッシー」と鹿児島県・池田湖の「イッシー」だろう。 これらに比べると若干影は薄いが、クッシーと同じく北海道にある洞爺湖にも巨大な未確 … 続きを読む

    0 0

      米国には伝説上の存在とも、未確認生物の一つともされる謎の生物がいる。それが「ジャージーデビル」だ。体長は約3フィート、馬に似た長い頭部、長い首にみすぼらしく痩せた体。2フィートはある大きなコウモリに似た翼に長い尾、そ … 続きを読む

    0 0

     今回紹介するのは昔から沖縄に伝わり、現在でも目撃されている妖怪「キジムナー」だ。基本、妖怪的性質が強いが、沖縄県民の多くが“目撃した”と証言しており、目撃していない沖縄県民でさえも、身内の体験談を何度も聞いているという … 続きを読む

    0 0

     怪しい外国人の仕業か? 空を飛ぶ猫「翼猫」が日本で野生化していた? 翼猫とは背中に翼の生えた猫のことで、19世紀から世界各地でその姿が目撃されたり、または捕獲されたりしている未確認生物である。別名を「ウイングキャット」 … 続きを読む

    0 0

     今回お届けする「カエル男」は一見、B級ホラー映画にでも出てきそうな名前であるが、20世紀に米国で複数回目撃された未確認生物である。 なお、「カエル男」という呼び名はあくまで日本だけの呼称なので、海外では“フロッグ・マン … 続きを読む

    0 0

     ここ数年、米国で話題を集めているモンスターが「シャドーマン」である。別名「シャドーピープル」と言われ、動画や静止画で多くの姿が撮影されており、ピンポンダッシュをしたり、パーティー会場を大股で闊歩するシャドーマンの姿がと … 続きを読む

    0 0

      人工衛星から撮影された映像に、不可解なものが写りこんでいるという事件が最近多く起きている。2014年4月、アップル社がリリースしているマップアプリを使って、ネス湖の衛星写真を見ていると、なんと巨大生物が写りこんでいた … 続きを読む

    0 0

    「海に犬がいる」という情報があっても、なかなか信じることはできない。かつて、海の中をすみかとした犬がいたというのだ。 でも、よく考えてもらいたい。陸生動物の水生動物化は珍しいことではない。かの有名なアニメ「ゲゲゲの鬼太郎 … 続きを読む

    0 0

     「火星にはいっさい生物が存在しない。水さえ存在しない」というのが今までの常識的な考えであった。だが、それが崩されつつある。 火星には多くの水があり、気温はマイナス70度以下であるという。地表には森があり、地球のツンドラ … 続きを読む

    0 0

    「ドーバーデーモン」は米国・マサチューセッツ州ドーバーにて目撃された怪生物である。1977年4月22日、当時17歳だったビル・バートレット氏が夜間、車を運転中に奇妙な生物を目撃した。 体長は1メートルほど。ひょろりとした … 続きを読む

    0 0

     未確認生物のほとんどは、こちらから手出ししたり刺激しなければ基本的に人間に危害を加えようとしない。しかし、中には問答無用で危害を与えてくるような危険な生物も存在する。今回紹介する「ジーナ・フォイロ」も危険なUMAの一つ … 続きを読む

    0 0

     オーストラリアの先住民族であるアボリジニには、川や湖といった水辺にすみ、人間の夢の中に現れるという不思議な精霊「バンイップ」(別名をバニープ、ヤーフーとも呼ぶ)の伝説がある。 このバンイップはあまり人間に対して友好的で … 続きを読む

    0 0

    「シャギー」とは米国・ウィスコンシン州で目撃された謎の多い未確認生物である。 身長は2メートル程度。全身は毛で覆われており、犬に似た頭部と鉤爪(かぎつめ)を手に備えているとされている。人間や車を猛スピードで追いかけて来る … 続きを読む

    0 0

     みなさんは「リザードマン」をご存じだろうか。ファンタジー系RPGなどによく雑魚モンスターとして出てくる亜人種で、トカゲが大きくなって二足歩行しているような外見をしている。みなさんもゲームなど創作の世界で一度は目にしたこ … 続きを読む

    0 0

      毎週、世界各地の未確認生物を紹介しているこの「UMA図鑑」だが、今回は多くの人が苦手、ないしは生理的嫌悪感を催すであろう怪生物を紹介する。サッカーW杯が開催中の南米・ブラジルの高地に生息すると考えられている「ミニョコ … 続きを読む

    0 0

       晴天のもと、ないだ水面に現れる謎の影。カメラの前に波を立てて泳ぐ怪生物の姿が映る。やがて、画面にはアップになったその生物の頭が…。既存の生物とは違った形の頭部は焦げ茶と一部明るい茶色になっている。よく見る … 続きを読む

    0 0

     アフリカ南西部のカメルーンやアンゴラ共和国に生息すると言われている謎の哺乳類が「コジェ・ヤ・メニア」である。和訳すると「水ライオン」ないし「水ヒョウ」となる。日本の書籍では和訳された名称で紹介されることが一般的なので、 … 続きを読む

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | .... | 15 | newer