Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 81 to 100 of 298)
(showing articles 81 to 100 of 298)

older | 1 | .... | 3 | 4 | (Page 5) | 6 | 7 | .... | 15 | newer

    0 0

     2010年に人類史上初の小惑星への到達とサンプル採取を行い、帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。その後継機「はやぶさ2」が12月3日に打ち上げられた。 また、6日にはNASAが開発を進めている宇宙船「オリオン」の試験機が … 続きを読む

    0 0

     妖精といえば、おとぎ話の絵本に出てくる姿を思い浮かべる人が多いだろう。手のひらに乗るほど小さく、美しい姿をして背中に蝶のような羽を生やしている姿がありがちなものだが、中には毛むくじゃらだったり老人の姿をしているなど、お … 続きを読む

    0 0

     年末年始、休みを利用して初詣などで寺社仏閣に参拝する人も多いだろう。一般的には、寺社仏閣など神聖な空間には化け物や妖怪は出ないというイメージが強い。しかし、近年になって神聖な場所でも幽霊らしき存在や怪物、未確認生物が目 … 続きを読む

    0 0

     石川県能登半島の突端部に存在する能登町には猿とも鬼とも区別がつかない凶暴な化け物「猿鬼」がすみ、人里に下りてきては悪事を働いていたという伝説が存在している。 猿鬼は最初のうちは大西山(柳田村=現鳳珠郡能登町)にすむ善重 … 続きを読む

    0 0

     日本で古くから妖怪の代表格として知られているのが「河童」だ。頭に皿、背中に甲羅があって両生類のようにぬめりのある肌を持ち、大きさは人間の子供程度しかない。しかし、力は人間に比べてはるかに強く、人や牛馬を水中に引きずり込 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物で近年注目を集めている地域が東南アジアだ。特にマレーシアでは3メートルを超えるビッグフットに似た獣人型UMAが目撃されたり、大型生物の骨が発見されるなど巨大なUMAに関する目撃証言や証拠が相次いで発見されてい … 続きを読む

    0 0

      今までさまざまなUMAを紹介してきたが、見た目と名前のインパクトで1、2を争うものは「カバゴン」を置いて他にないだろう。 冗談のような名前だが、れっきとした正式名称である。それもそのはず、このUMAを目撃したのは遠洋 … 続きを読む

    0 0

     明治14(1881)年6月15日の「東京絵入新聞」に、奇妙な生き物に遭遇・撃退したという記事が掲載された。 大阪から京都にまたがる山中で、奇妙な鳥が目撃されるようになった。その大きさは子牛ほどもあり、両翼を広げれば天を … 続きを読む

    0 0

      カンボジアのアンコール遺跡は、9世紀から11世紀ごろにかけて建設されたクメール王朝の建築群である。代表的な寺院遺跡であるアンコールワット、城塞都市の遺跡であるアンコールトムなど複数の建築群から成る大規模な遺跡群だ。  … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の中には既知の生物に非常によく似た、しかし、はるかに巨大な姿を持つ生物が多数存在する。特に、この連載でも紹介してきた南アフリカ共和国の「インカニヤンバ」やノルウェーの「セルマ」など、ヘビに似た姿のUMAは多い … 続きを読む

    0 0

     今回紹介する未確認生物はUMAファンなら一度は目にしたことがあるだろう。有名な捕獲写真が撮影されている獣人型未確認生物「モノス」である。 1929年、スイスの地理学者フランソワ・ド・ロワを中心とした探検隊が油田開発の調 … 続きを読む

    0 0

     米国とカナダの2国間にまたがって広がるロッキー山脈一帯では、古くから毛むくじゃらの大型獣人が目撃されている。体が非常に大きく、地に残された足形が非常に大きいことから「ビッグフット」、または先住民たちに呼ばれていた“人に … 続きを読む

    0 0

     未確認生物といえば、基本は山や森の奥深くや湖の底、大海原など、人間がおいそれと手を出せないような場所に生息しているのがほとんどだ。しかし、今回紹介するUMAは都会のど真ん中で目撃された非常に珍しいケースである。 現場は … 続きを読む

    0 0

     米ニューヨーク州とバーモント州、カナダのケベック州にまたがるシャンプレーン湖には、昔から奇妙な怪物が出現するという伝説がある。現地のネーティブアメリカンであるイロクォイ族によれば、湖に“角を持つヘビ”がすんでおり、そば … 続きを読む

    0 0

     この連載では、これまでにも実在の可能性が高いUMAを紹介してきたが、今回は現在までも目撃例が150を超す、実在の可能性が非常に高いと言われているUMAだ。その名も「キャドボロサウルス」、別名「キャディ」だ。 キャディは … 続きを読む

    0 0

     ネーティブアメリカンの神話には、雷を自在に操る偉大な鳥の姿の精霊「サンダーバード」が登場する。姿は部族によってさまざまで、ワシやツル、中にはクチバシとカギヅメだけの存在とする部族もいる。いずれの部族であっても非常に大き … 続きを読む

    0 0

     これまでこの連載ではさまざまな未確認生物を紹介してきた。いずれも見え方や目撃のされ方が千差万別、時には非常に多くの人物に目撃されたケースもあるが、今回は目撃した人物が“すべて少女だった”という不思議な共通点があるものだ … 続きを読む

    0 0

     筆者はかつて当連載でパプアニューギニアに生息するという未確認生物「ローペン」を紹介した。現地の人々に「悪魔の鳥」とも呼ばれているローペンは体に鱗(うろこ)があって、翼にカギヅメがあり、そのツメを使って木にとまるなどの特 … 続きを読む

    0 0

     未確認生物の代表格といえば、やはり英国・スコットランドのネス湖にすむといわれている「ネッシー」だろう。目撃証言が出るたびに世界を騒がせ、世界各地で「我が国のネッシー」ともいえる謎の大型水生生物が次々と発見されたり、謎の … 続きを読む

    0 0

     未確認生物=UMAというと、既存の生物とはかけ離れた外見や特徴を持ち、時には人間に対して危害を加えるような凶暴なものもいる…というイメージを抱く人が多いかもしれない。 しかし一見、普通ながら新種の可能性がある生物も、種 … 続きを読む

older | 1 | .... | 3 | 4 | (Page 5) | 6 | 7 | .... | 15 | newer