Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 101 to 120 of 298)
(showing articles 101 to 120 of 298)

older | 1 | .... | 4 | 5 | (Page 6) | 7 | 8 | .... | 15 | newer

    0 0

     当サイトの好評連載「山口敏太郎のUMA図鑑」が記念すべき100回を迎えた。特別企画として、山口氏がお台場デックス東京ビーチ内で運営している「山口敏太郎の妖怪博物館」から展示物を公開。同博物館では、山口氏が本格的にオカル … 続きを読む

    0 0

     本来ならばそこには生息していないはずの生物が現れ、「謎の生物」として報道されて騒動になることが現在でも度々ある。 このUMA図鑑でも紹介してきたカンガルーに似た謎のUMA「ニタゴン」や「北海道のサイ」などだ。軽いものな … 続きを読む

    0 0

     日本古来の「河童」をはじめとして、世界各国には水中で活動する人型の謎の生物の伝説が存在する。このUMA図鑑の連載でも紹介している米国の「カエル男」や「ハニースワンプ・モンスター」などもその一種だと言えるだろう。実際、河 … 続きを読む

    0 0

     世界最大の珊瑚礁と美しい自然で有名なオーストラリアのグレートバリアリーフには“伝説の海竜がすむ”と、先住民であるアボリジニたちは伝えている。 その名は「モハモハ」。 少し変わった名前だが、姿も他のUMA画像と違い大きな … 続きを読む

    0 0

     有袋類を中心とした独自の生態系が存在するオーストラリア大陸。代表的なものとして思い浮かべるのはコアラやカンガルーだろう。一部は絶滅危惧種になっているものもあるが、生息地付近では住宅地近辺に現れることもある。 今年5月2 … 続きを読む

    0 0

     6月に入り、いよいよ梅雨の時期を迎えようとしている。今年も5月から夏日が続いていたので、猛暑になることが予想されるであろう夏には雷を伴う激しい豪雨がやってくるかもしれない。 雨にはつきものの雷。古来、日本人は雷を神秘的 … 続きを読む

    0 0

     当連載ではネッシーやツチノコをはじめとする様々な未確認生物が我々人間と遭遇してきたケースをお伝えしてきた。しかし、なかには遭遇だけではなく、事故にまで発展してしまう危険なケースもある。今回、ご紹介するUMAは当連載では … 続きを読む

    0 0

     インド・アッサム地方には「ブル」という名前の大トカゲ型UMAが近年まで生息していたという話がある。 ブルについては1951年にインドの新聞で現地の話題として報道され、英国のタブロイド紙「デーリー・メール」の後援で大トカ … 続きを読む

    0 0

     世界で一番長い川として知られるアフリカのナイル川には、まるで東洋の龍のような外見を持つ巨大な怪魚が存在するという。その名は「ラウ」、ないしは「ニャーマ」という。名前が2つあるのは伝説のある国や部族によって呼称が違うため … 続きを読む

    0 0

     今まで様々な未確認生物を紹介してきたこの連載だが、アフリカ大陸には独特の外見や特徴を持つUMAが多い傾向にある。 広大なアフリカの大地にはいまだに知られていない生物がいるのかもしれないという期待と希望、独自の文化とそこ … 続きを読む

    0 0

     1933年、米国アラスカ州ユーコン川沿いのティムソーで、光り輝く謎の生物が目撃されるという事件が発生した。 当時、現地に住むイヌイットの記録映像を撮影するために村に滞在していた撮影部隊は、村の長老から「この生物は吉兆を … 続きを読む

    0 0

     北欧の海に浮かぶ火山で有名な島国アイスランドには、謎の巨大生物が生息しているとされている。 この巨大生物は水生のようで、本島東部山間部のラガーフロッド湖やスルダル湖、北部のグリムスエイ島近海などで目撃証言が報告されてい … 続きを読む

    0 0

     日本に昔から伝わっている妖怪たち——人知を超えた神通力を発揮し、人に悪さをしたり、時には助けたりもする不思議な存在である妖怪を、人々は恐れや親しみをもって伝説や昔話に残し、伝えてきた。 そんな妖怪の伝説の中には、年月日 … 続きを読む

    0 0

     夏休みに入り、暑い日々が続いている。よく晴れる日も続いているので、海水浴に向かう人も多いだろう。 地球の7割を占める海は近年でも新種の生物が発見されるなど、人類がまだ知らない領域が多いフロンティアでもある。 そんな海に … 続きを読む

    0 0

     未確認生物といえば「ネッシー」や「ビッグフット」など、海外のものを想像する人は多いだろう。しかし、日本にも(今は多少目撃証言が少なくなっているとはいえ)一世を風靡した未確認生物が多数存在している。 今でも多額の懸賞金を … 続きを読む

    0 0

     地球の7割を占める海には、地上で目撃されるものよりも巨大な体を持つ未確認生物の目撃例が多い。 中でもその大きさが群を抜いているのはやはり小島のようにも見える巨体を持つ「クラーケン」だろう。5作目の撮影がクランクアップし … 続きを読む

    0 0

     先週のUMA図鑑では、昔から知られる海の巨大UMA「クラーケン」を紹介した。 このクラーケンは伝説も非常に有名であるし、現代では映画やゲームなど創作の世界にも登場するため、なじみ深いUMAであると言えるだろう。 しかし … 続きを読む

    0 0

     先日、東スポの1面に衝撃写真が掲載されて話題になった。そう、鹿児島県の屋久島で「カッパ」の写真が撮影されたのである。 カッパといえば知らない人はいないほど有名な、日本を代表する妖怪であり、UMAである。 UMAとしても … 続きを読む

    0 0

     神隠し…それは何の前触れもなく人が消息を絶ってしまうことを言う。 昔から日本では山中や森は神の領域とされ、そのような場所で行方不明になった人は神隠しにあったのだろうと言われてきた。 人さらいや殺人事件、自らの意思での失 … 続きを読む

    0 0

     コンゴ民主共和国はアフリカ中部に位置する。真ん中を赤道が走るコンゴ盆地、その盆地に流れるアフリカ大陸で2番目に長いコンゴ川を有する国である。 かつてコンゴ王国であったが、ヨーロッパによる奴隷貿易の中心地となってしまい、 … 続きを読む

older | 1 | .... | 4 | 5 | (Page 6) | 7 | 8 | .... | 15 | newer